12月は終い弘法

真言宗の開祖である弘法大師・空海の月命日(ご縁日)に因んで毎月21日に行われていますが、1年の最後の弘法市は特に終い弘法と言われ、特に賑わいます。この日は正月用品を売る店や葉ボタン、松竹梅の鉢植えなどを買い求める人々でにぎわいます。

今月ご紹介したいのは、御仏花やお墓に欠かせない、高野槙を扱う「高花堂」さん。本堂のすぐ向かって右脇にお店を構えていらっしゃいました。

高野槙は、高野山に多く自生していたことや、仏前に供える花は、香りがいいものとされ、コウヤマキは「香木」の一つに数えられています。新しい年を迎えるにあたって、ご先祖さまのご供養にみなさま買い求められていました。

そして、山門出てすぐ、五平餅や、今川焼きの「斎藤家」さん。こちらの五平餅は、お米を炊いて、半殺しにし、くるみ味噌をつけて焼いて、すべてが手作り!くるみ味噌が本当に香ばしくて美味しいです!是非弘法さんにお出かけの際は、寄ってみてください。

12月法話会

講師 東界寺 竹内杲基住職

テーマ 一年を振り返って

内容 反省と懺悔

   世相を表す一文字

お寺では、公開講座を開催されています。是非お立ち寄りください。

奇数月の8日に「南無ヨガ会」 

偶数月の8日に「写経会 密教梵字観」

お問い合わせは山田石材052−751−4675まで

八十八カ所巡り

日泰寺参道から離れたところに八十八カ所巡りがあります。

お堂を巡り、お参りしてみてはいかががですか?