平和公園 名古屋 彼岸 墓地

平和公園の彼岸花

ヒガンバナは毒があるので、この花をイタズラで折ったりすると、家が火事になるとか、地獄から鬼が来るとか不吉なことを言って子供たちを脅かしました。

しかし、この花は、大切な目的があって植えられてきたのです。 動物達は本能的にこの植物を嫌うので、墓地・田んぼの土手などわざわざ植えてあるのです。 さらに昔は大飢饉になったときに球根を水で毒抜きして食べて命をつなぐための大切な保険だったのです。 

そうやってみるとこの花が、怖いばかりでなく、違うものに見えてきませんか?